パチパチまつげを自前で実現するには

ルミガン通販ガイド!美容コラム

パチパチまつげを自前で実現するには

パッチリ目元

メイクの要でもあるアイメイク。その中でもまつげが長く長さをキープして、くるりと上を向いているだけでとっても印象的で明るい顔に仕上がりますね。

西洋系や、インド系など、もともと目がパッチリと大きく堀が深くまつげがしっかりと生えている顔立ちの人でもまつげがメイクの要となるのは変わらないようです。

メイクはほとんどしないけど透明マスカラだけは手放せないと言う欧米系の人も多くいると聞いています。典型的な東アジア系の顔立ちからすると、とっても贅沢な話のように思えますが、それだけまつげが人の顔の印象を左右すると言うことなのでしょうね。

一昔前に比べるとマスカラの性能も上がり、つけまつげやまつげエクステも気軽にできるようになりました。ノーメイクでも不自然に見えない、パッチリくるくるまつげが自慢と言う人もいるでしょう。ところがこれらまつげの演出に関してまつげの負担はかなりかかっているようです。

例えばビューラーやホットビューラーについて考えてみましょう。まつげは長くても1センチ弱位の非常に短い毛です。この毛に対して毎日、強い力で曲げているとしたらどうでしょう。

まつげの寿命はおおよそ3カ月位を周期に生え変わるのですが、寿命を迎える前に途中で切れてしまったりする可能性もあります。一度抜けたまつげはまた伸びるまでに大体1ヶ月ほどかかるようですから、同じように負荷をかけ続けたまつげが1度に切れたり抜けたりすると、生え揃うまで短いまつげが並んでいるだけということにもなりかねません。

こうした負荷を減らすためにまつげパーマを月に1度だけと言う人もいるかも知れませんね。まつげパーマがまつげに与える負荷と、毎日ビューラーなどでカールをかける負荷とを明確に比べたデータはありませんが、少しでもまつげの負担を減らすためにこうした措置をとるのも良いかもと思います。

また日頃負担をかけているまつげそのものの力を増やすように美容液を利用するのも良いでしょう。マスカラタイプで刺激の少ないまつげをきれいに保つ美容液がいろいろなメーカーから出ていますから、自分に合ったものをぜひ探してみてください。

価格も比較的お手頃なものが多いので日々のお手入れの中に取り入れると良いですね。さらにまつげを支えるまぶたも大事にしてあげましょう。アイクリームやオイルなどでやさしくケアしてくださいね。

日頃パソコンやスマホ、外気の刺激などで黒子されているまぶた。このまぶたが弱ってしまってはまつげもきちんと生え揃う事は難しくなってしまいます。




ホーム RSS購読 サイトマップ