ルミガンの効果と副作用

ルミガン通販ガイド!

ルミガンの効果と副作用

長いまつ毛というものは、目を大きく見せる事やはっきりとした目もとの印象を与えるため、手に入れたいという女性は多く見られます。 まつ毛を長く見せるために、一般的にはメイクによって目もとを強調する方法などがあります。 下まつ毛を長くすることによって顔を全体的に小さく見せるようなメイクや、目自体が縦長に見えるようなメイクがあります。

具体的にはマスカラを使用してまつ毛を太く見せる方法などがあります。また、つけまつ毛というものも存在し、目の部分に接着することによって固定するタイプのものがあります。 化粧によって印象を変える事はできますが、日々の生活の中で毎日メイクを行う事は時間も多くとられる事があるため、まつ毛自体を増毛しようという考えの育毛剤が存在します。

ルミガンはまつ毛の育毛剤です。 元々ルミガンは緑内障の点眼液です。有効成分として、ビマトプロストというプロスタグランジン関連薬を含んでいます。 プロスタグランジンとはからだの中で様々な働きをするエイコサノイドの一種で、眼においては眼圧を低下させるとされています。 緑内障とは、何らかの原因によって眼の中の眼房水が産生過剰になってしまったり、排出障害を引き起こしてしまったために眼の圧力である眼圧が上昇してしまう症状の事を言います。

緑内障になってしまうと、眼圧が上がりすぎてしまった場合、視神経を圧迫してしまったりして視神経を変形させてしまう場合があります。 そうなってしまうと、視神経の障害によって視野が欠損し、最悪の場合失明にもつながってしまう症状です。 ルミガンはプロスタグランジン製剤として働き、眼房水の流出を促進する事によって眼圧を下げるという薬です。 その副作用として、色素沈着やまつ毛が異常に伸びるという事がありました。 そのため、ルミガンの効果と副作用は元々緑内障に使用していた効果に対して、多毛症という形で現われてしまっていた副作用を逆に美容目的で使用しています。

ルミガンの副作用であったまつ毛の多毛症を利用し、まつ毛育毛剤として使用されているのが美容目的のルミガンです。 ルミガンの副作用はまつ毛が異常に伸びるという事以外にも色素沈着というものがあり、点眼する位置や量を間違えてしまった結果まぶたや眼の近くの皮膚に触れてしまうと、その部分がシミのように色素沈着を起こしてしまう場合もありますので、美容目的で使用の際は、薬液を塗布する位置と量に十分注意し、薬液が目に入らないようにして利用しましょう。






ホーム RSS購読 サイトマップ